本文へ移動
住職継職奉告法要 2017年10月1日
住職継職奉告法要実行委員の皆さん

俳句入門講座

住職の俳句

薄暑

2018-05-16
日常をまっさかさまの朝寝かな
 
全身でわつと泣く人夏来る
 
一日の果てに佇む蜥蜴かな
 
玻璃越しに伸びる七色なる薄暑
 
母の日を片隅に置く車窓かな
 
さびしきは咲ききつてゐる牡丹かな
 
蛞蝓のぽつりと風の静かなる
 
新緑の雲たくましき白さかな
 
さへづりの雲の隙間にありにけり
 
ため息もこの夏空の一部分
 
春愁を遠ざけたくて星の下
 
快晴といふ春愁の一部分
 
空浅くして雲遠くして薄暑
 
一群の雲ほどけゆく薄暑かな
 
ビル群の端に一人酒なる夜長
 
夏帽を被れば詩の人らしく
 
歓声の消息にある大牡丹
 
吟行の涼しき声の集ふ寺
 
緑陰の人を寡黙にしてしまふ
 
吟行の皆緑陰を求めつつ
 
吟行の涼しき静寂ありにけり
 
緑陰に座れば自由なる心
 
珈琲の香に老鶯の紛れ込む
 
万緑を背に俳人の小さきこと
 
吟行の夏帽ぷかりぷかりかな

吟行は人を自由に夏の寺
 
別世界なる万緑の寺なりし
 
万緑に別の時間のあるやうな
 
石庭のその先にある緑陰へ
TOPへ戻る