本文へ移動
「音縁VOL.2」実行委員会
「音縁VOL.2」コトリンゴさんと
「音縁VOL.2」コトリンゴライブ
「音縁VOL.2」オープニング雅楽
「音縁VOL.2」ザ・スペシャル坊ズライブ
「音縁VOL.2」お寺マルシェ

俳句入門講座

住職の俳句

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2020-05-17
決断の夜にぽつかりと春の月
 
新聞のコトリと届く余寒かな
 
薄氷に小さき空のありにけり
 
押入を開けて一気に冴返る
 
大霜や息を潜めてゐる山河
 
空仰ぐ風花消えてしまふまで
 
曇天へため息ひとつ山笑ふ
 
春光のはるか電動三輪車
 
春風やねりりと回る大風車
 
ご遺体はいつも穏やか春の雨
 
ふらここを空へ届けと漕ぐ記憶
 
入学の子の遠き目をしてをりぬ
 
石鹸玉弾けて空の青さかな
 
落花にも集ふいのちのあるやうな
 
この川も海への流れ鯉幟
 
一本のカーネーションといふ光

風の寺

2020-01-18
星々の綺羅を集めて除夜の鐘
 
一瞬の一年といふ初日かな
 
蝋梅の黄に遠ざかる日差しかな
 
歯磨きの音改まる寒の朝
 
初旅は里帰りなる夫婦かな
 
雪除の先に開ける大御堂
 
小寒の顔し合掌地蔵かな
 
目当てなる店閉店の寝正月
 
初夢は悪夢でありし目覚めかな
 
幼子のほつぺは真赤寒に入る
 
寒月の子を送り出すひかりかな
 
どこまでも寒曳山の月冴ゆる
 
月冴ゆる日本酒二合空きてより
 
病床の一句の届き寒の雨
 
焼却炉にも初空のありにけり
 
三ケ日過ぎれば静かなる厨
 
雑踏の中の小さな御慶かな
 
初仕事我を忘れてをりにけり
 
凍星の中に小さき吾を見る
 
新しき縁に酌んでゐる年酒
 
初句会とは粛々と風の寺

太陽のにほひ

2019-12-01
落葉にも個性のありて風の寺
 
落葉掻くことに矜持のありにけり
 
そよ風を疎ましきとも落葉掻
 
太陽のにほひ漂ふ落葉かな
 
だんだんと愛しくなりて落葉掻
 
寄せる場所六つに決めて落葉掻
 
落葉掃き大いなる幹残りたる
 
落葉掻く事この星を掻く事と

大欠伸

2019-10-10
大欠伸すれば一層天高く
 
一日の始まりは風秋桜
 
起動音にも秋冷のあるやうな
 
一椀のこんもり香る生姜かな
 
青空は自由の色よ鳥渡る
 
楽しげに爪切る人や月明り
 
月光の四百年の大樹かな

言霊

2019-10-02
雨音を言霊と聞く大夏野
 
涼風の来て詩心なる三瓶
 
雨傘のポップを刻みゆく夏野
 
雨止めば詩心降る大夏野
 
曇天の落つこちさうな大夏野
 
句会場一新といふ涼しさよ
 
突風に詩を忘れてゆく夏野
 
傘さすもささぬも自由星月夜
 
人間を置き去りにして大南風
 
夜の底を解きて風の黄菅かな
 
蜩の朝な夕なを鳴き継げる
 
万人の呼吸を集め大花火
 
Tシャツの形に汗のありにけり
 
たくましき日焼の集ふテントかな
 
一つでも再会あれば灯涼し
 
行列の首伸びてゆくビールかな
 
目玉焼割れば残暑のこぼれたる
 
退院の第二の母や秋の空
 
ふと笑ふ鈴虫寺の赤子かな
 
鈴虫も祈つてゐるか爆心地
 
花芒結界に置く茶席かな
 
声明の声高らかに虫の寺
 
鈴虫もインド様式なる音色
 
仲直りしてどこまでも月涼し
 
争ひは静かなものよ虫の声

住職原稿(日本伝統俳句協会機関紙「花鳥諷詠 一頁の鑑賞」)

金剛の露ひとつぶや石の上   川端茅舎

金剛の露ひとつぶや石の上   川端茅舎
(昭和六年『ホトトギス雑詠選集』秋の部より)
 
金剛心という仏語がある。人間の心ではない。仏の心。「あなたを絶対に見捨てない」という決して動かない、壊れない心をあらわす。そのダイヤモンドのような心に出遇うということが、仏道の目的である。
 
若い頃より病に侵され、露のように頼りなく、はかない自分を見つめ続けた茅舎。固い石の上で輝きを纏い、動かない露は、彼の求め続けた救いの象徴でもあったであろう。
 
四十三歳でいのち終えるその刹那、眼裏に金剛の露ひとつぶがあったに違いない。
 
僧侶であり、俳人であった祖父が晩年重い帯状発疹を患った。その言いようの無い痛み、苦悩の底で、祖父は露の句を詠んだ。
 
「露の身ののがるすべなき老病死」
 
露のようにはかない自らを詠んだのだろうと思っていたが、違う。
 
老病死を包む金剛の露を詠んでいるのだ、と揚句に触れてふと思った。
 
茅舎に深く感謝したい。
 
祖父は今、金剛の身となって、ゆらめくひとつぶの私を支えてくれている。
kenshi

寺の扉の谷に響くや今朝の秋   石鼎

寺の扉の谷に響くや今朝の秋   石鼎

(大正二年『ホトトギス雑詠選集』秋の部より)

 

ここでの扉とは寺の門のことであろう。仏教に縁の深い龍の彫刻が施されていることが少なくない。釈迦の誕生の際、龍が甘露の雨を降らせ、沐浴をさせた。仏を信じる者を守護する象徴としても知られる。

 

石鼎は失意の底にいた。医師を目指し進学するも落第。放校処分となった後、親にも勘当され、放浪の身となる。

下を向きながら、当てもなく放浪していると、いつしか深い闇に包まれ、辿り着いたのは山寺。大きな門を有している。固く閉ざされた門に浮かぶ龍の彫刻。しなやかにやわらかく伸びる尾とは対照的に頭はごつごつと、大きな恐ろしい眼で闇を射ぬき、石鼎を睨む。

 

やがて朝がやって来る。

開門の刻、固く重き門が「ごごごごご!」。猛々しい音が深き谷を染める。龍がしなやかに谷を泳ぎ、石鼎に微笑む。

 

訪れる静寂に振り返ると、秋。谷を静かに、秋が渡り始めている。

 

その後石鼎はホトトギス社に入社。龍に触れ、秋に触れ、石鼎の門が開かれた。

kenshi

 

夾竹桃くらくなるまっで語りけり     赤星水竹居

夾竹桃くらくなるまで語りけり   赤星水竹居

(昭和五年『ホトトギス雑詠選集』夏の部より)

 

先日の句会でのこと。

「顕之さん、寝床にも落花はありますよね」と言われた方がいた。

 

一日を終え、眠りに落ちる。閉ざされた瞼の闇。動かない闇。しかし、外では変わらず花は動き、落ちている。私の意思に関わりなく、自然は存在し、動いている。

「それを私は詠みたいんです」

面白いと思った。

 

蠢くような夏の暑さ。日中は外に出るのも億劫で家で過ごす。少し涼風の生まれる夕暮れを見計らい、外に出てみる作者。

 

やがて、格好の木陰に辿り着き、少し憩う。そこになつかしい友人だろうか。少し、はにかみながら現れる。久々の再会に暑さ、時間を忘れ、ただ語り合う。

 

二人の間に時間は溶けてゆき、ふと気づくと、うっすらと闇が迫って来ている。

 

見上げると、夾竹桃。

 

暗がりに赤々と咲いている。

 

二人の時間を生みだしたのは、この夾竹桃。木陰を作り、風に爽やかに揺れる。

その解放感に二人は別れ、夜も、夾竹桃の時間は続いていく。

 

蛍火の瓔珞たれしみぎはかな   川端茅舎

蛍火の瓔珞たれしみぎはかな   川端茅舎

(昭和五年『ホトトギス雑詠選集』夏の部より)

 

瓔珞とは珠玉と花型の金具を編み合わせたもので、仏前を飾る荘厳具である。そのきらめきは、その前に座る私の心を落ち着かせる。

 

古くはインドの王族が身につけた首飾りに由来があり、『観無量寿経』には釈迦に救いを乞うた韋提希が身につけていたとある。

 
()
 
 
()仏を讃え、救いを求める心が形になったものが瓔珞なのだろう。

 

透明な闇の中、水際に佇む作者。その静寂をポツポツと光が埋めていく。蛍の短い、いのちの光が線となり、水際に伸びてゆく。

 

その無常、美しさ。作者はそのきらめきを瓔珞のようだと表現された。

岸田劉生に師事し、優れた画家でもあった作者の感性が、その動かない比喩を生んだ。また、京都東福寺に籠り、仏道にも参じていたという。

四十三歳で人としてのいのちを終えた作者。

 

蛍火に自らのいのちを見ていたのかもしれない。

kenshi

 

あたたかに投捨ててある箒かな    浜人

あたたかに投棄ててある箒かな   浜 人
(大正十年『ホトトギス雑詠選集』春の部より)
 
私の友人が十数年前、三十一歳で命を終えた。
 
京都で一人暮らしをしていた彼はシャワー室で心臓発作が起き、そのまま一週間シャワーに打たれ続けた。
 
彼の実家である富山のお寺に葬儀参列の為、車を走らせた。
 
抜けるような青空の春の日の中、悲しみの堂へ続く参道に、ぽつんと箒が置かれていた。綺麗な参道。誰かが限りなく続く参列者の為に、埃ひとつ残さぬようにと掃いたのであろう。
 
その心のあたたかさを、春の日に思った。
 
道の真ん中に置かれていた箒をどけようと思い、触れた。
訃にはそぐわない、そのぬくもりに、彼を感じていた。
 
箒にはぬくもりがある。私達の道をあけようと、誰かが頑張ってくれた心のぬくもり。作者はその心情を春のやわらかい日差しに託された。ゆっくりと作者の心が解けてゆく音が聞こえる。
 
役目を終えた竹箒の竹の隙間を、優しい春の日が埋めている。
十七音にはおさまらない、春のぬくもりがこの句から溢れている。
 
kenshi
 

俳句入門講座17

俳句入門講座17

俳句入門講座15

俳句入門講座15

俳句入門講座14

俳句入門講座14

俳句入門講座13

俳句入門講座13

俳句入門講座12

俳句入門講座12

俳句入門講座1~11

俳句入門講座1~11
俳句の基本について仏婦会報「まなざし」にて連載しています。

住職の掲載作品

RSS(別ウィンドウで開きます) 

角川「俳句」2月号

2018-01-31
角川「俳句」2月号
特集「高野素十の写生」に寄稿させていただきました。
 
俳句は極楽の文学。
 
俳句を通し、宗教を感じていたい。
宗教を通し、俳句を感じていたい。
 
そんな思いで綴った文章。
kenshi
 

角川「俳句」7月号

2017-07-04
角川出版より冊子が届きました。
光栄なことに、全国の若手俳人の1人としてご依頼をいただいたもの。
 
「若手競泳&同時批評」
よかったら、ご覧下さい。
kenshi

角川『俳句』掲載作品 「精鋭十句競詠」 

「呼吸」     能美顕之
 
山茱萸の小さき呼吸始まりぬ
 
蘆の角風に高さを揃へたる
 
春の川へとふくらんでゆく日差し
 
芽柳に織り込まれゆく光かな
 
春の雪里の余白を埋めてゆく
 
淡雪を少し纏ふといふ風情
 
宇宙には国境の無く遠霞
 
一望の春田に大いなる息吹
 
遥かなる水平線の霞かな
 
仏法の深さに溺れ春炬燵
 
○略歴
昭和52年2月9日生 
『ホトトギス』所属
 俳歴6年 
 
○メッセージ
「声」
自然と対峙していますと、ふと自分の小ささを思います。そしてその小さな私が大自然の流れにほどけてゆくような、不思議な感覚にとらわれる事があります。「あなたはあなたのままでいい」と声が聞こえて来るような、一瞬。その一瞬は私の宝です。「人間も大自然の一部分」。自然の声に耳を澄まして参りたいと思います。

俳誌『俳壇』掲載作品

「一日」

 

青空の端に囀りのこぼれたる

 

大いなる卯浪に浮かぶ岬かな

 

一列の光整ふ植田かな

 

その中に孤高の色や花菖蒲

 

夏空へ赤子の声の立ち上がる

 

雨の来て重たき風の若葉かな

 

蛙の音大雨の夜を司る

 

 

○俳歴

 

能美顕之 

昭和五十二年二月九日生

二〇一〇年 日本伝統俳句協会入会

二〇一五年 ホトトギス同人

 「ホトトギス」所属

 
○コメント
 
自然と対峙していますと、ふと自分の小ささを思います。そしてその小さな私が大自然の流れにほどけてゆくような、不思議な感覚にとらわれる事があります。「人間も大自然の一部分」。自分の小ささを忘れず、謙虚に自然の声に耳を澄まして参りたいと思います。

 

 

朝日新聞(東日本版)掲載作品 「あるきだす言葉たち」

「風音」      能美顕之
     
上りゆく香に棚引く秋日かな
 
秋風の膨らむ路地や鞆の浦
 
曇天に存在感の紅葉かな
 
過る風留まる風や大紅葉
 
天も地も今渡りゆく鷹のもの
 
風音の去りて落葉の始まりぬ
 
落葉踏む音に生まるるリズムかな
 
太陽を乗せて散りゆく大銀杏
 
念仏の声風となる冬の堂
 
一斉に銀杏落葉の景となる
 
風が風呼んでゐるなり冬紅葉
 
大空と一つになりて日向ぼこ
 
 
能美顕之(のうみけんし)。1977年島根県生まれ。「ホトトギス」同人。
2015年日本伝統俳句協会新人賞。
 

住職の受賞作品

日本伝統俳句協会協会賞
 住職の受賞作品です。
TOPへ戻る